Sample Company

指揮者紹介

石川征太郎

1985年生まれ、東京都出身。東京藝術大学音楽学部指揮科、ロベルト・シューマン音楽大学デュッセルドルフ指揮科卒業および同大学院修了。 藝大卒業時にアカンサス音楽賞受賞。2011、2012年度ロームミュージックファンデーション奨学生。2015年ドイツ大学オーケストラ指揮者コンクールセミファイナリスト。同年国際リヒャルト・ワーグナー協会奨学生。2016年第1回フェリックス・メンデルスゾーン国際指揮者コンクール第2位受賞。 レパートリーはバロックから現代音楽まで広範。国内では宗教合唱曲も多く指揮し、また国内外の多くの新作初演を行うなど、若手作曲家たちからの信頼も厚い。2006年から2016年まで武生国際音楽祭(音楽監督:細川俊夫)に指揮者、ピアニストとして毎年出演した。また2009年より演奏会シリーズ「東京私的演奏協会」を主宰し活発に演奏活動を行った。2015年1月ソウル・アーツ・センターでの「日韓国交正常化50周年記念コンサート」では、日韓のプロオーケストラ奏者による史上初の合同編成オーケストラの指揮者として韓国側から推薦を受け好評を博す。2016年にはサントリー芸術財団サマーフェスティバル国際作曲家委嘱シリーズ<カイヤ・サーリアホ>に出演。2018年にはハンブルク州立歌劇場にてペーター・ルジツカの新作オペラ「ベンヤミン」の副指揮を務め、世界初演の成功に貢献する。故ゲルハルト・ボッセのアシスタント指揮者としての任も担い、2013年以降はボッセの後任として神戸市室内管弦楽団の3月定期演奏会などの指揮者を務めている。 国内ではこれまでに読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、神戸市室内合奏団などを指揮。海外では、コリアン・チェンバー・オーケストラ、ケルン放送管弦楽団、ノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレン、ベルギッシェ・シンフォニカー、フィルハーモニカ・ディヌ・リパッティ・サトゥマーレ、ミハイル・ヨラ・フィルハーモニックオーケストラ、スイス・ボズヴィル・アンサンブルなどを指揮している。 指揮を田中良和、ハンス=マルティン・シュナイト、ゲルハルト・ボッセ、リューディガー・ボーンに師事、ピアノを林達也、ユーラ・マルグリスに師事、コレペティトゥアをゲルハルト・ミヒャルスキに師事。

副指揮者紹介

小津準策

岐阜県立加納高校音楽科ピアノ専攻を経て国立音楽大学声楽学科を卒業。テノール歌手としてキャリアをスタートし、主に宗教曲のソリストとして多くの演奏会に出演。指揮者としては、オペラ、合唱、ミュージカルなど、様々な分野で活動を展開している。2019年映画「蜜蜂と遠雷」の指揮者吹き替えに出演。2021年6月日本合唱協会第32回定期演奏会を指揮。2021年ズーラシアンブラスお友達プレーヤー。2022年4月東京交響楽団 を指揮。同年9月松竹ミュージカル「流星の音色」(滝沢秀明演出、京本大我主演) を指揮。 同年 10 月日本合唱協会第 36 回定期演奏会を指揮。2023 年 1 月の歌劇「トスカ」では世界的テノール歌手ニコラ・ロッシ・ジョルダーノ氏と共演し、大成功を収めた。現在、NPO 法人「芸術家と子どもたち」アーティスト、日本合唱協会所属、東大和少年少女合唱団指導者、コールアカデミーひがしやまと主宰。指揮法を故上杉隆治、紙谷一衛、曽我大介の各氏に師事。

尺八演奏家紹介

川村葵山

1981年生まれ。東京都出身。東洋大学卒業。NHK邦楽技能者育成会第51期修了。尺八を父、川村泰山に師事。 2002年 都山流尺八楽会准師範試験首席合格。 2005年 都山流尺八楽会師範試験首席合格。 2006年 NHK邦楽技能者育成会修了、本格的に演奏活動を始める。 2007年 モスクワ・グネーシン国際フェスティバルにて演奏、第13回くまもと全国邦楽コンクール 奨励賞受賞、国際交流基金主催事業「福田千栄子アンサンブル」米南部巡演に参加NHKオーディション合格、NHKラジオ「邦楽のひととき」出演(長澤勝俊作曲 二つの田園詩)。 2008年 NHKオーディション合格、NHKラジオ「邦楽のひととき」出演(都山流本曲 朝風)。 2009年 第15回くまもと全国邦楽コンクール、最優秀賞・文部科学大臣奨励賞受賞、NHKテレビ「芸能花舞台」出演 (都山流本曲 木枯)。 2010年 NHKラジオ「邦楽のひととき」出演 (都山流本曲 春風)、第36回都山流全国本曲コンクール、金賞・文部科学大臣奨励賞・宗家杯・産経新聞社杯受賞、シカゴジャズフェスティバルにて演奏。 2011年 日本舞踊協会第3回新作公演「かぐや」レコーディング参加。 2012年 NHKラジオ「邦楽のひととき」出演(都山流本曲 湖上の月)、第一回川村葵山尺八コンサート開催、第38回都山流全国本曲コンクール、金賞・文部科学大臣奨励賞・宗家杯・産経新聞社杯受賞。 2013年 第二回川村葵山尺八コンサート開催、第一回川村葵山、川村あつみ 箏・尺八コンサート開催、NHKラジオ「邦楽のひととき」出演(山本邦山作曲 峠花)(都山流本曲 鶴の巣籠)。 2014年 第三回川村葵山尺八コンサート開催、NHKラジオ「邦楽のひととき」出演(藤尾勾当作曲 八島)、第4回川村葵山尺八コンサート開催。 2015年 European Shakuhachi Summer School Paris 2015 に参加。 2016年 第五回川村葵山尺八コンサート開催、第二回川村葵山、川村あつみ 箏・尺八コンサート開催、尺八四重奏団「破竹」1stCD「破竹~introduction~」発売、川村葵山尺八リサイタル開催。 2017年 シンガポール伊勢丹にて演奏 2018年 Worid Shakuhachi Festival に招待演奏者として参加、アジアン笛フェスティバルinシンガポールに招待演奏者として参加。 現在、都山流大師範、講士補、検定員補。都山流尺八楽会、泰山会、和楽器のオーケストラ「むつのを」、「尺八三重奏団」、「劇団TNB」、尺八四重奏団「破竹」等に所属。東京を中心に演奏活動の他、学校公演やカルチャースクール、子供のためのリトミック教室等で尺八を一般に広めるべく活動中。東京都練馬区、長野県伊那市にて尺八教室を開き、指導も行う。

トレーナー紹介

弦楽器トレーナー:小森谷巧

サイトウ・キネンオーケストラ、元読売日本交響楽団コンサートマスター。昭和音楽大学教授。両親に手ほどきを受け、桐朋学園音楽科ソリストディプロマコースを経て、ウィーン国立音大へ留学、その後英国へ渡る。徳永二男、ヨゼフ・スーク、イフラ・ニーマンの各氏に師事。リピツァヴァイオリンコンクール、フムル国際コンクール等で、特別賞、シェリング賞などを受賞。英国王立音楽院の演奏ディプロマを首席で獲得し、帰国。1987年、東京交響楽団に入団、首席コンサートマスターとして活躍。1993年よりストリングス・アンサンブル「ヴェガ」のディレクター。1991年第1回出光音楽賞受賞。1999年より2023年3月まで読売日本交響楽団のコンサートマスター。愛知室内オーケストラのソロコンサートマスター兼アーティスティック・パートナー。昨年から椿音楽教室名誉講師、アンサンブルHIMUKAの音楽監督に就任。ソリストとして活躍する傍ら、2006年からルートヴィッヒ弦楽四重奏団、2008からザ・グランド・トリオを結成し活動している。近年は指揮者としても古典派の作品を中心に演奏活動をしている。


木管楽器トレーナー:アレッサンドロ・ベヴェラリ Alessandro Beverari

1988年ヴェローナ生まれ。9歳よりクラリネットを始める。2009年国立ヴェローナ音楽院を最高得点で卒業後、ピアチェンツァ音楽院、ジュネーブの高等音楽学院、ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院にて研鑽を積む。 2017年より、東京フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者に就任。 第4回ジャック・ランスロ国際コンクール(横須賀)で優勝、聴衆賞、浜中賞を受賞した。2019年にはチャイコフスキー国際コンクール管楽器 (木管楽器・金管楽器) 部門3位、その他数々のコンクールに優勝している。 パオロ・ベルトラミニ、ロマン・ギュイオ、アレッサンドロ・カルボナーレの各氏に師事。


金管楽器トレーナー:大森啓史

東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院を修了。1998年より1年間シカゴへ留学。 (公財)千葉交響楽団1・3番ホルン奏者。エマーノン・ブラス・クインテット、エロイカ木管五重奏団、習志野天文部など、多くの室内楽団体のメンバーとしても活動している。国内主要オーケストラへの客演首席奏者としての登場も数多い。また、ナチュラルホルン奏者として国内の主な古楽器演奏団体に頻繁に登場しているほか、ナチュラルホルンアンサンブル東京のメンバーとしても活動している。日本ホルン協会常任理事。洗足学園音楽大学非常勤講師。


打楽器トレーナー:岡部亮登

国立音楽大学卒業。
第31回日本管打楽器コンクール第1位、特別大賞、内閣総理大臣賞受賞。NHK-FM「リサイタルノヴァ」出演。 ソリストとして広島交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団と共演。
現在東京フィルハーモニー交響楽団首席打楽器奏者。パーカッショングループ72メンバー。


ステージ・マネージャー:小林俊夫

栃木県宇都宮市生まれ。1971年よりステージマネージャーとして日本フィルハーモニー交響楽団勤務。交響楽団はやぶさ第一回創立演奏会からステージマネージャーとして欠かせない逸材。


これまでご指導をいただいた方々

マリウス・ストラヴィンスキー Marius Stravinsky

カザフスタン生まれ。4歳からヴァイオリンを始め、10歳よりロンドンのユーディ・メニューイン・スクールに移籍。14歳よりヴァイオリニストとして活躍。イートン校を経て英国王立音楽院を卒業。マリス・ヤンソンスとの出会いから指揮に目覚め、1998年クラウディオ・アバドのアシスタントを務めた。2013~14年ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督ウラディミル・ユロフスキの副指揮者を務めた。同楽団のほか、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ベルリン・シュターツカペレ、マリンスキー劇場、スヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団等に定期的に客演。大作曲家ストラヴィンスキー一族の血を引く。


曽我大介

1989年ルーマニア国立音楽院在学中にルーマニアでデビュー。ブザンソン、コンドラシンの二大指揮者コンクール第1位。2015年にはベルリン響ベートーヴェン「第九」公演を指揮するなど世界各地で活躍を続け、2017年11月には、長年活動を共にしているブラショフ・フィル日本公演の指揮者を務めた。
ルーマニア国立放送響首席客演指揮者、大阪シンフォニカー響(現・大阪響)音楽監督などを歴任し、現在東京ニューシティ管弦楽団正指揮者。

オフィシャルホームページ : http://www.soga.jp


垣内悠希

2011年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。現在、その将来が最も嘱望される指揮者の一人である。 2012年4月東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会を指揮し東京デビュー。ウィーン室内管弦楽団等、国内外の主要なオーケストラでも客演している。2013年にはミュンスター歌劇場でオペラ・デビュー。3月には、小澤征爾氏の強い推挙を受けて小澤征爾音楽塾オーケストラを指揮して好評を博した。 2009年ウィーン国立音楽大学指揮科を首席で卒業。次いで2011年同音大劇場音楽科特別課程を修了。 2016年より3年間札幌交響楽団指揮者を務めた。 ウィーン在住。


指揮者:阪本正彦

東京都青梅市出身。1987年東京藝術大学卒業。ホルンを宇田紀夫、守山光三、千葉馨、室内楽を村井祐児、海鉾正毅、指揮を湯浅勇治、高階正光、松沼俊彦、下野竜也の各氏に師事。1986年東京交響楽団入団。オーケストラ活動のみならず、アマチュアオーケストラ、吹奏楽等での丁寧な指導、指揮に定評がある。
湯浅勇治氏(ウィーン国立音楽大学准教授)による指揮セミナー受講を契機に指揮活動を本格化、フィンランドでのヨルマ・パヌラ指揮マスタークラス、フィレンツェ国際指揮マスタークラス、ブダペスト国際指揮マスタークラス等に参加、オーケストラと共に演奏の喜びを分かち合うなど、指揮者としての研鑽を重ねている。
現在、東京交響楽団ホルン奏者、ピアノと木管五重奏ゼクステット魅生瑞(みゅうず)メンバー、Glanz弦楽合奏団主宰・指揮者、横須賀交響楽団顧問及び副指揮者、Ensemble à la carte指揮者。


指揮者:中島章博

指揮者。学者。1981年、フランス・パリ生まれ。早稲田大学理工学部、東京大学工学系研究科博士課程を経て、同博士課程へ進学した後、2007年から2010年までオーストリア共和国ザルツブルグ・モーツァルテウム大学指揮科に留学。クルト・レーデル指揮コンクール2012にて、1位なしの2位に入賞。
2013年東京大学工学博士を取得。指揮を故クルト・レーデル、デニス・ラッセル・デイヴィス、ホルヘ・ロッター、曽我大介、シメオン・ピロンコフの各氏に、フルートを湯川和雄、岩佐和弘の両氏に師事。2006年以降、チェコ国立モラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団、リトアニア・カウナス交響楽団、タリン・シンフォニエッタ,ブルガリア・クラシックFMオーケストラ、オーストリア現代音楽アンサンブル等を指揮している他、毎年マレーシアでコンサート等を行う。
作編曲家でもあり、また、東京大学生産技術研究所博士研究員という顔も持つ。


指揮者:野崎知之

早稲田大学卒業。桐朋学園大学卒業、研究科修了。
2001年9月、イタリアのペスカーラで行われた第6回マリオクゼッラ国際指揮者コンクール入賞。
2004年、山形交響楽団の副指揮者となり(~06年)、これまでに約130回のコンサートを指揮。
2002年より桐朋学園大学附属子供のための音楽教室非常勤講師。


弦楽器トレーナー:外村京子

桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科修了。在学中に草津夏期国際アカデミーに奨学金を受け受講、またザルツブルグ、モーツァルテウム夏期アカデミーやアメリカ、ボウディン大学サマーアカデミー等も受講。全日本学生音楽コンクール西部大会(現・北九州大会)に於いて小学校、中学校の部入賞。97年日本モーツァルト音楽コンクール第3位。レ・ミゼラブル、南太平洋、シェルブールの雨傘等、ミュージカルのソロやオーケストラ、バンドを中心に活動。また、デュオやトリオ等のリサイタルやコンサートにも積極的に出演。演奏活動の傍ら後進の指導にあたる。ヴァイオリンを故田中令子、奥田富士子、奥田雅代、小林健次の各氏に師事。


弦楽器トレーナー:双紙正哉

桐朋学園大学卒業。篠崎永育、徳永二男、A.アレンコフの各氏に師事。
大学在学中より広島交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団のゲストコンサートマスターを務める。95年、東京交響楽団のアシスタントコンサートマスターに就任。98年退団後はソロ、室内楽を中心に活躍。ストリングクヮルテットARCOメンバー。2004年北九州市民文化奨励賞受賞。2005年より東京都交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者。


弦楽器トレーナー:伊藤亮太郎

NHK交響楽団コンサートマスター。
桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを修了。ヴァイオリンを、江藤俊哉、ジョルジュ・パウク、堀正文、澤和樹に師事。
1997年、弦楽四重奏団「ARCO」(第1ヴァイオリン・伊藤亮太郎、第2ヴァイオリン・双紙正哉、ヴィオラ・柳瀬省太、チェロ・古川展生)を結成。1999年に大阪室内楽コンクールで第3位に入賞、その後「アンダンテ・カンタービレ」(2000年9月)、「ハイドン・皇帝」(2002年3月)をリリース。2002年、第1回千葉市芸術文化新人賞受賞。2005年から2015年まで札幌交響楽団のコンサートマスターを務める。


コントラバストレーナー:石川滋

慶応義塾大学経済学部卒業。大学在学中、桐朋学園大学ソロディプロマ・コースにも在籍し、堤俊作にコントラバスを師事。88年渡米、エール大学音楽学部にてゲイリー・カー、ジュリアード音楽院にてユージン・レヴィンソンに師事。ニューワールド交響楽団首席、フロリダ・フィルハーモニック・オーケストラ首席、スイスのベルン交響楽団ソロ首席を経て、13年より読売日本交響楽団ソロ・コントラバス奏者。コントラバスのソロ奏者として国内外のオーケストラと共演。15年久石譲「コントラバスのための協奏曲」を久石譲指揮、読売日本交響楽団で世界初演。桐朋学園音楽大学講師、洗足学園大学客員教授。


木管楽器トレーナー:荒川文吉

東京藝術大学卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。オーボエを池田昭子、広田智之、青山聖樹、小畑善昭の各氏に師事。第82回日本音楽コンクール第2位。第31回日本管打楽器コンクール第1位。The Muri Competition 2019(スイス)第1位(日本人初入賞)。2017年度アフィニス文化財団海外研修員としてベルリンへ留学。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の「カラヤンアカデミー」に在籍。ジョナサン・ケリー氏に師事。2014年より、東京フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者。


木管楽器トレーナー:石井智章

兵庫県宝塚市出身。13歳より吹奏楽でオーボエを始める。私立大阪桐蔭高等学校を経て東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。読売新人演奏会に出演。現在同大学院在籍。
第29回宝塚ベガ音楽コンクール入選、及び宝塚演奏家連盟賞受賞。学内試験の選抜により第44回藝大定期「室内楽」に出演。
オーボエを岩永健三、中山和彦、古部賢一、土井恵美、和久井仁、小畑善昭の各氏に 室内楽を須川展也、日高剛、斎藤和志の各氏に師事。 D・ヨナス、P・グラツィア、H・シェレンベルガー、J・ギシャール、J・ケリー各氏のマスタークラスを受講。
また関東のみならず全国のオーケストラ、吹奏楽団にオーボエ、コール・アングレ奏者として客演している。


金管楽器トレーナー:今井仁志

東京学芸大学音楽科卒業。88年オーケストラ・アンサンブル金沢入団。93年アフィニス夏期セミナー参加。D・クレヴェンジャー氏に師事。94年ドイツに於いてKonzertarbeitwochen in Goslarに参加。期間中演奏会に出演。96年アフィニス文化財団海外派遣制度により、ミュンヘン、R・シュトラウス音楽院に留学。97年東京交響楽団首席奏者として入団。99年NHK交響楽団に移籍。2013年11月より首席奏者。ホルンを千葉馨、伊藤栄一、原田祝晃、E・ティルヴィリガーの各氏に師事。トウキョウ・ブラス・シンフォニー、金管5重奏団n-craft メンバー。桐朋学園音楽学部、昭和音楽大学、武蔵野音楽大学非常勤講師。


金管楽器トレーナー:鈴木優

群馬県出身。東京藝術大学卒業。小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトⅩⅠに参加。2014年ヤマハ新人演奏会に出演。又、Menagerie Brass QuintetのメンバーとしてJTアートホールアフィニスにて期待の音大生によるアフタヌーンコンサート、第39回室内楽定期演奏会に出演。第10回チェジュ国際金管楽器コンクール金管五重奏部門第1位を受賞。
これまでにホルンを高橋臣宜、守山光三、日高剛、西條貴人、伴野涼介、五十畑勉の各氏に師事。
Menagerie Brass Quintet、Cor Ensemble VENUSメンバー。
東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師(芸大フィルハーモニアホルン奏者)を経て現在、東京都交響楽団団員。


ステージ・マネージャー:阿部紋子

学習院女子大学卒業。在学中、研修生としてアフィニス夏の音楽祭に参加したのをきっかけに、ステージマネージャーを志す。卒業後、フリーランスのステージマネージャーとして活動。2016年4月より日本フィルハーモニー交響楽団ステージマネージャーを務める。

ピアニスト紹介

金子三勇士

1989年日本人の父とハンガリー人の母のもとに生まれる。6歳で単身ハンガリーに渡りバルトーク音楽小学校に入学、11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学に入学。2006年に帰国、東京音楽大学付属高等学校に編入。東京音楽大学を首席で卒業、同大学院修了。2008年、バルトーク国際ピアノコンクール優勝の他、数々の国際コンクールで優勝。第22回出光音楽賞他を受賞。国外でも広く演奏活動を行っている。NHK-FM「リサイタル・パッシオ」に司会者としてレギュラー出演。2019年5月には新譜CD「リスト・リサイタル」をリリースした。2021年は日本デビュー10周年を迎える。キシュマロシュ名誉市民。スタインウェイ・アーティスト。

オフィシャルホームページ : https://miyuji.jp

↑ PAGE TOP